支部案内
Shorinji Kempo

舞鶴スポーツ少年団のご案内

少林寺拳法の道場でしか学べないことがあります。

 舞鶴スポーツ少年団では、小学生を対象とした少年部と、中学生以上を対象とした一般部と両方を設置しています。和気藹々とした家族のような雰囲気を大切にしながらも、上下関係における礼儀や、仲間づくりとしての横の繋がりも大切にしています。

 時には皆で鬼ごっこをしたり、階級や年齢に関わらず同じ練習を皆でしたりして、楽しくて温かくて安心する、まるで家族といるような時間づくりを心掛けています。

支部/チームへのお問い合わせ

お問い合わせは/TEL 090-4565-1735
メールでのお問い合わせはこちら

施設の特徴と所属拳士の構成について

対象 ・一般 (中学生以上)
性別問いません
経験問いません。初めての方も、他のスポーツ経験者の方も大歓迎。
施設特徴
  • 冷暖房なし
  • 近くに駐車場/駐輪場あり
  • 住宅街にあります

練習日と場所について

【水曜日】 城北中学校 体育館武道場
住所〒624-0853 京都府舞鶴市南田辺128
交通西舞鶴から徒歩10分
練習時間 少年部 19:00~20:30
一 般 19:00~21:00
地図
【土曜日】 城北中学校 体育館柔道場
住所〒624-0853 京都府舞鶴市南田辺128
交通西舞鶴から徒歩10分
練習時間 少年部 19:00~20:30
一 般 19:00~21:00
地図

舞鶴スポーツ少年団の沿革

支部/チーム沿革

設立年度(西暦)2010年

沿革

 2010年10月1日、先代の支部長であった清野姿が舞鶴スポーツ少年団を設立しました。同時に、舞鶴市スポーツ協会、舞鶴市スポーツ少年団に加盟し、他の団とも交流しながら、多くの拳士が入会し、また巣立っていきました。

 そして、2015年4月、現在の支部長である清野宏海が二代目支部長を委嘱され、交代の運びとなりました。

舞鶴スポーツ少年団 支部長のご紹介

支部長について

各地の少林寺拳法の支部では、一般財団法人少林寺拳法連盟によって指導者として正式に認められた支部長が、責任を持って支部の運営・拳士育成を行っています。

少林寺拳法は人づくりを目的とした団体であるため、支部長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして少林寺拳法を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

支部長紹介

支部長 清野 宏海
大拳士 六段
 舞鶴スポーツ少年団支部長の清野宏海と申します。

 少林寺拳法の目的は人づくりですが、そのためにはまず自分自身が変化していかなくてはなりません。日々、少林寺拳法を教えながらも、私自身が多くのことを勉強させて頂いております。有難いことです。

 当支部では、学業や部活動等の学校の事や他の様々な習い事にも励む拳士たちが無理なく楽しく通えるように両立をサポートしながら、技だけではない多くのことを道場で経験し学んでもらえるように日々工夫しています。

 ぜひ、一緒に楽しみましょう!